鷹ch@ソフトバンクホークスまとめ

主にソフトバンクホークスについてまとめています。そのほかに他球団や気になることもまとめています。

    スポンサーリンク

    松坂大輔



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/04/20(木) 17:18:21.18

    ええんか
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170420-00010010-jisin-soci


    【松坂大輔さん福岡に3億6000万のマンションを購入】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/04/20(木) 14:33:20.53

    20日はファーム施設に姿見せず「治療と聞いています」

    右肩違和感を訴えているソフトバンクの松坂大輔投手は、離脱が長引くことになりそうだ。1
    2日に右肩の異変で打撃投手登板を回避した右腕。
    20日は福岡・筑後市のファーム施設「HAWKS ベースボールパーク筑後」には姿を見せず。
    この日、同施設で倉野信次投手統括コーチ「(今日は病院で)治療と聞いています」と明らかにした。

    3月25日の広島とのオープン戦(ヤフオクD)で7回無安打無失点と好投した松坂。
    その後、登板予定だったウエスタンリーグは2試合ともに雨天中止となったが、左肘の張りを訴えた和田の代役として15日のオリックス戦(ヤフオクD)の先発候補として浮上した。
    だが、そこに向けた調整登板となるはずだった12日の打撃投手登板直前に異変を訴えて回避。先発登板も白紙となった。

    右肩の症状等は明らかにされていないものの、おもわしくないようで、同コーチは「(状態は)投げれていないんで、実際」という。
    今後のスケジュールについても「メドは立っていないです」と口は重かった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00010015-fullcount-base
    Full-Count 4/20(木) 13:33配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【悲報】右肩違和感のソフトバンク松坂、離脱長引く? 投手統括コーチ「メド立ってない」】の続きを読む



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/04/20(木) 06:51:37.98

    開幕からの表の3人が和田毅、中田賢一、東浜巨。
    裏の3人は千賀滉大、武田翔太、リック・バンデンハークーー。

    顔ぶれだけを見れば、福岡ソフトバンクホークスの先発ローテーションには谷間がない。
    だから、オープン戦の最後に与えられたチャンスで7回をノーヒットに抑えるピッチングを見せても、彼にローテーションへ割り込む余地は残されていなかった。

    松坂大輔のことである。

    思い浮かぶのは3年前のことだ。当時、メジャー8年目を迎えていたニューヨーク・メッツの松坂は、オープン戦でローテーションの座を若いピッチャーと争っていた。
    その最後の登板で、松坂は5回を投げて被安打5、奪三振8、無四球、無失点という文句のつけようがないピッチングを披露した。
    ところが松坂は、開幕をマイナーで迎えることになったのである。
    結果を求められてそのとおりの結果を出したのに…その直後、松坂はこう言っている。

    「競争であって競争でないという感じですかね。自分がいいものを出しても、それが判断材料にならないというのが、今の僕の立場です」

    いいものを出しても判断材料にならない―3年前のこの言葉は、今回は当てはまらない。
    オープン戦でのピッチングは間違いなく判断材料になり、松坂は開幕ローテから外れた。
    確かに最後のチャンスでは答えを出したものの、それまでの結果は満足のいくものではなかったからだ。

    左肩の状態は安定せず、一進一退。
    それでも心の平穏は3年前と比べものにならなかった。それはなぜだったのか…思えば今年のキャンプの最中、
    松坂に「野球を楽しめているか」と聞いてみたことがあった。すると彼はこう言った。

    「また楽しいなって思えるようになってきました。たぶん、ちょっと投げられるようになってきたからだと思います。今は痛いところはありません。
    ただ、感覚的に肩周りの状態には波があって…いいときには朝起きてすぐ、『あ、今日はいいな』と思うし、ちょっと落ちてる感じがするときは
    『今日はまだまだだな』と思います。
    手術した場所の感覚は日によって違うんですよね。でも去年あった不安というものは、だいぶなくなってきてますけどね」

    松坂はメジャー2年目の2008年、初めて右肩に違和感を覚え、それ以降は痛くない投げ方を探してきた。
    本来の投げ方でなくとも勝ててしまうところが松坂の器用さであり、才能のゆえんでもあるのだが、
    結果、ヒジに負担がかかり、靱帯を損傷(2011年に手術)。
    股関節や肩周りにも負荷がかかって、その後は故障に泣かされ続ける。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170420-00083320-playboyz-base
    週プレNEWS 4/20(木) 6:00配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【バッシングの声に今、松坂大輔が思うこと「野球って誰かを見返すためのものじゃない」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/04/15(土) 17:02:20.62

    先発予定3日前に不調を訴える

    やはり「見たかったな」というのが本音だ。
    4月15日のヤフオクドーム。当初はこの日のオリックス戦に、松坂大輔が日本球界復帰後初めて、公式戦で先発に臨むはずだった。
    しかし、12日のファームでの練習で右肩付近に不調を訴えた。
    一軍先発に向けた最終調整だった打撃投手を回避。
    2年前の右肩手術からの完全復活を目指すべく、せっかく巡ってきたチャンスを、水泡に帰す結果となったのだ。
    あの日は全体で行ったウォーミングアップには通常通り参加し、室内練習場ではキャッチボールも行っていた。
    だが、そのキャッチボール終了後、右肩というよりも右腕の付け根付近を気にして揉むしぐさをしていたのだ。
    それでも、しばらくしてメイン球場のタマスタ筑後に移動してブルペンで投球を行ったらしいが、結局はその時点で回避を決めたということだった。

    投げていないのに、なぜ右肩不調?

    ソフトバンク球団からは症状など特に正式な発表はなく、メディアからの取材に対しても故障の程度や細かな箇所、原因など明確な回答はしていない。
    チームとしては正直、想定外だったのだろう。ややナーバスになっているようにも感じる。

    それもそのはずだ。
    松坂は3月25日のオープン戦に先発登板して以降はずっと、実戦マウンドには立っていなかったのだ。
    それは特に右肩などの不調が原因ではなかった。4月1日、同6日と先発予定だった2軍戦がことごとく雨天中止。
    登板がずれ込む中で、一軍ローテに穴が開いたために声がかかった形だった。
    それだけに専門家は一様に首をかしげた。何人かのプロOBの元投手に訊いても「試合で投げていないのに痛みが出るというのは分からない」と声をそろえた。
    ある意味当然の見解である。
    だが、少し角度を変えて、某球団のトレーナーにも話を聞いてみた。
    すると、松坂に何が起こったのか、その理由が少し見えてきた。

    「本当に馴染むまで丸2年」

    「医学上で証明されているわけではないのですが、肩でも肘でも手術行った場合、自分の体に本当に馴染むまでは丸2年はかかるのかもしれません。
    選手たちの声を聴くと、そのような意見が多いのです」
    リハビリに関して、かつて右肩を手術した斉藤和巳氏は「薄皮を一枚一枚剥がしていくようなもの。前進をしているのか、実感がわかない時もある」と話していた。
    手術後は右肩上がりで回復するわけではない。状態の上がり下がりを繰り返しながら、徐々にその平均値を上げていくと言った方がいいだろう。
    つまり、プロ野球選手たちの実感としては、リハビリを経て投げられるようになったとしても、2年が経つまでは状態の上下をまだ繰り返すというのだ。
    松坂は2年前の8月に右肩手術を行っており、丸2年には到達していない。そう考えれば、まだ復帰途上の段階にあるのかもしれない。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/tajirikotaro/20170415-00069951/
    4/15(土) 14:59


    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【松坂大輔はなぜ登板回避となったのか… 「術後2年」が完全復活へのカギ?】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2017/04/14(金)07:43:47

    今季は数試合は一軍で先発できると踏んでいたから
    割と真面目にショックが大きいんだが


    【松坂大輔の引退が秒読みとなってきたわけだが】の続きを読む

    このページのトップヘ