鷹ch@ソフトバンクホークスまとめ

主にソフトバンクホークスについてまとめています。そのほかに他球団や気になることもまとめています。

    スポンサーリンク

    日本ハムファイターズ



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/03/01(水) 18:01:32.87

    これを球春の椿事と呼ばずしてなんと言おうか。元ハンカチ王子の斎藤佑樹(28)が、春季キャンプも早々に、開幕投手を約束されるやもしれない。それも、師匠の日本ハム・栗山英樹監督(55)直々のご指名とあっては……。ちょっとジョークが過ぎないかしら。

     ***

     それを聞いた者は皆、我が耳を疑ったという。2月2日にアリゾナでキャンプインした斎藤は、ブルペンで51球を投げ復調をアピール。舞台を沖縄に移した16日の練習試合でも、2回を投げて1安打1失点(自責点0)と粘りをみせた。そんな斎藤の様子を見た栗山監督は、“明らかに球の感じが違う。開幕投手も戦略としてアリだね”と漏らしたのだ。

     とはいえ、甲子園で拭った汗が涙に変わったと皮肉られてきた「元王子」。昨シーズンはわずか11ゲーム出場で先発は3回のみ。プロ通算14勝では、チームのエースナンバー「18」は荷が勝ちすぎた。

     そんな状況に救いの手を差し伸べたのは、ここでも栗山監督だったという。

     スポーツ紙記者の話。

    「昨年末の契約交渉で、斎藤は背番号の変更を直訴して承諾されました。キャンプはそのお披露目も兼ねていますが、新背番号『1』は斎藤にとって早稲田実業時代のナンバーに逆戻り。“下積みから始めよ”という監督からのメッセージが込められているとか。とにかく話題作りに躍起です」

     再起を狙う「元王子」の懐古趣味はまだまだ続く。伸び悩んでいた投球フォームも童帰りしているのだ。

     日ハムの先輩で野球解説者の金石昭人氏が言う。

    「学生時代に調子のよかったフォームを取り戻そうとしていますね。軸になる右足を曲げる独特のフォームは体幹の強さが必要で、オフから個人トレーナーをつけて鍛えている。チーム全体の状態は普段通りで、よいと思いますが、キャンプでの斎藤選手はまだ実力が備わってないように見えます」

    ■「単なる話題作り」

     自らを鍛えあげるそのトレーニングでも、斎藤は「元王子」らしい振る舞いを見せているのだ。

     球団関係者によれば、

    「キャッチボールにしてもトレーナーが相手でね。オフでも彼ら2人で豚しゃぶを食べている。本来、そういった時間はチームメイトと過ごし、互いの距離を埋めるもの。チームでも浮いた存在になっているのでは」

     その孤独のウラには、こんな事情があると、別の球団関係者が継ぐ。

    「斎藤が入団した翌年に就任した栗山監督は、ハンカチフィーバーのおかげで苦労せずメディアに取り上げられた。そんな原体験があるから、今でも話題作りで斎藤のことを口にしちゃうんですが、他の選手からすれば白けるばかりですよ」

     事実、WBCを辞退した大谷翔平の復帰が未定とはいえ、昨季チーム最多の11勝をあげた有原航平や、高梨裕稔など斎藤の実力を上回る先発候補が居並ぶ。

     野球評論家の江本孟紀氏はズバリ直球、手厳しい。

    「斎藤が開幕投手なんて今までの実績を考えたらありえないし、単なる話題作りでしょう。大谷の二刀流もそうですが、栗山監督と日ハムは話題性のためには何をやってもいいという方向性が一致している。よく言えば柔軟性のあるチームカラーなんですよ」

     冗談好きの栗山監督のようなオトナを世間では「ジョーカー」というが、トランプのそれには2つの意味がある。「道化師」と「切り札」。果たして今季の斎藤はどちらに転じますやら。

    ワイド特集「早春の椿事」より

    デイリー新潮 3/1(水) 6:00配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170301-00518346-shincho-base


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    (出典 1kome.com)


    【栗山監督が漏らした「開幕・斎藤佑樹」というジョーカー説wwwwwww】の続きを読む



    1 サインコサイン ★@\(^o^)/ :2017/03/02(木) 11:52:44.84

    日本ハム大谷「普通」久々ブルペン30球違和感なし
    [2017年3月2日8時7分 紙面から

    試合前練習でブルペンに向かう日本ハム大谷(撮影・黒川智章)

     右足首に不安を抱える日本ハム大谷が1日、約1カ月半ぶりにブルペンに入った。

     ネットスローだったが、傾斜を使っての投球自体が久しぶり。「特に変わりないです。普通じゃないかと思います」。ネットの位置は投手と捕手の中間より手前。投球練習再開までは遠い道のりだが、約30球を投げ、患部に違和感はなかった。今後も「状態を見ながらになると思います。急いで投げようとは思っていない」。6日からは千葉・鎌ケ谷に調整場所を移し、イースタンの教育リーグ出場プランもある。

    http://www.nikkansports.com/baseball/news/1786140.html


    (出典 daily.c.yimg.jp)


    【【野球】大谷、ブルペンで30球投球も違和感なし】の続きを読む



    1 シャチ ★@\(^o^)/ :2017/02/25(土) 20:59:00.86

    デイリースポーツ 2/25(土) 20:20配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000118-dal-base
     「日本ハム春季キャンプ」(25日、名護)

     斎藤佑樹投手(28)が25日、キャンプ打ち上げ総括後、3月のオープン戦で結果を残すと意気込んだ。

     最終日は守備練習やキャッチボールなどで調整。アリゾナ、名護キャンプの1カ月間を振り返り
    「アリゾナ、名護にきてくれたファンに温かい言葉をかけていただいて気持ち良く練習ができている」と応援に感謝。
    「体の状態とか、ボールとか例年よりいい形でスタートが切れた。
    指にかかっているボールが多かったのが手応え」と充実の表情でキャンプを振り返った。

     3月からはオープン戦が本格化する。「オープン戦を通して最少失点でいけるか。
    結果を出せるように開幕1軍を目標に頑張ります」と気を引き締め直した。


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【斎藤佑樹「例年よりいい形でスタートが切れた」 春季キャンプに手ごたえ】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/02/24(金) 17:32:39.49

    北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が2月21日、東北楽天ゴールデンイーグルスとの練習試合に登板するも、2回5失点という結果に終わった。
    この“炎上”に、ネットでは落胆と激励の声が入り交じっている。

    斎藤佑樹といえば、“ハンカチ王子”として2006年の夏の甲子園で注目されて以来、早稲田大での活躍やドラフト1位でプロ入りするなど、順風満帆な野球人生を歩んできた。
    しかしプロ入り以後は期待通りの結果が残せず、2016年シーズンまでの6年間で14勝20敗という成績に甘んじている。

    今季は背番号「18」から「1」へ変更して心機一転。
    有名トレーナーのケビン山崎氏の指導のもと肉体改造、春季キャンプでは、“結果”という言葉を何度も使ってコメントするなど並々ならぬ意気込みを見せていた。

    その様子を見守ってきたファンの間では期待が高まっていたが、この日の練習試合では先頭の四番ウィーラーに死球を与え出塁を許すと、
    味方のエラーでノーアウト1・2塁となったのち4連打の猛攻を受け3失点。さらに次の回にも、代打・アマダーに2ランホームランを浴びるという散々な結果だった。

    Twitterでは、

    「斎藤佑樹今年も駄目かな」
    「斎藤佑樹なんで結果でんのんかなぁ」
    「僕今年の斎藤佑樹ほんとに期待してたのにな」
    「斎藤佑樹が今年に懸ける気持ちはわかってるから応援するのみよ」
    「斎藤佑樹頑張ってくれ。 みんなから叩かれようが 俺は応援する!!!」

    とファンの落胆が伝わってくる投稿や、励ましの投稿が多く見られる。

    一方で、

    「斎藤佑樹はもうしくじり先生しか仕事ないだろ」
    「来年の今頃は『しくじり王子』…じゃなかった『しくじり先生』に出ているかも」

    と、苦い失敗談を語るバラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出るべきだという辛らつなコメントも…。

    今回の練習試合は今シーズンを占う試金石と見られていただけに、期待を裏切られたファンは多かったよう。“持っている男”斎藤、巻き返しはなるのだろうか?

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00000005-rnijugo-ent
    R25 2/24(金) 7:08配信


    (出典 articleimage.nicoblomaga.jp)


    【【日ハム】斎藤佑樹また炎上 『しくじり先生』出るしかない?】の続きを読む



    (出典 mainichi.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/02/22(水) 15:32:45.40

    右足首痛で別メニュー調整の日本ハムの大谷翔平(22)が20日、3日連続でフリー打撃を行った。

    18、19日は打球をピンポン球のように飛ばして、メディアも「160メートル弾!」「場外5発!」と大騒ぎ。
    しかし、この日は一転してペースダウンだ。フルスイングをしていた前日までに比べ、投球に合わせるようなスイングが目立った。
    それでも飛距離を出せるのはさすがだが、柵越えは10本にも満たなかった。

    練習後の大谷は「いいところも悪いところも出た」と、こう言った。

    「フリー打撃も体の状態もそうです。一日一日良くなっていることもあれば、思うようにいかないこともある。
    (打撃練習ではボールに)合わせにいった? 特にそういうことは考えていない。実戦でしっかりボールが見えるように、と。焦らずにやっています」

    さらにベースランニングの練習にはいつ入るのかと聞かれると、「それは川名(外野守備走塁)コーチと相談しながら。
    基本的にトレーナーが判断して、川名さんが……という形になります」と話した。

    ■回復は「想定していたよりも遅い」

    その川名コーチは日刊ゲンダイの取材に、こう答えた。

    「大谷は現状、50~60%くらいの力で走っている。
    80%で走れるようになれば、ベースランニングと考えています。100%? それはどこも痛みがなく、どんな動きでも痛くないという認識。
    ケガをしている大谷には望めませんからね。今は故障選手に対するプログラムがある。
    トレーナーが彼の状態をチェックした上で、僕に『ベースランニングをやらせましょう』と報告が来ることになっています」

    現在も最大60%程度の力でしか走れない。この回復具合は早いのか、それとも遅いのか。

    「僕が想定していたよりも遅いですね。それだけトレーナーも慎重になっているのかもしれない。
    打者としては大丈夫でも、走ると痛いというケースもある。
    だから、今は走ることに軸を置かなければいけないんです」(川名コーチ)

    大谷の右足首痛は骨棘が原因といわれる。かかと付近に棘状になった骨があり、爪先を伸ばすと圧迫されて痛みが生じるのだという。

    患部は回復しつつあるといわれるものの、「大谷はいまも、動きによって足首に痛みが生じるといいます
    。骨棘だけでなく、実際は靱帯まで痛めていると聞きました」と、さる日本ハムOBがこう続ける。

    「だとすれば、回復に時間がかかるのは当然でしょう。ウエートトレーニングで、下半身よりも上半身を重点的に鍛えた反動という声も内部では出ているようです。
    本人はできれば今季結果を出し、チームの2連覇に貢献してメジャーに挑戦したい。かといって無理をすれば状態を悪化させ、最悪、手術という選択肢も出てくる。
    それだけは避けたいはずで、おっかなびっくり調整を進めているというのが実情ですよ」

    ■ケガ悪化で責任問題に発展も

    いや、「おっかなびっくり」なのは大谷に限らない。本人以上にナーバスというか、戦々恐々なのが周囲の首脳陣や球団関係者だという。

    「大谷に対して、周囲は腫れ物に触るよう。さすがに練習メニューは
    首脳陣とトレーナーが相談して作ってますけど、新しいことをやった翌朝は必ず、本人にしつこいくらい状態を確かめてる。
    そこで問題が生じなければ次の段階に進むといった具合です。
    大谷に対しては『とにかく無理はするな』が口癖で、間違っても背中を押すようなことは言わないし、言えません。
    大谷はいまや、日本球界を代表するスター選手。仮に調整を急いて状態を悪化させようものなら責任問題だし、何を言われるか分かりませんからね」(前出のOB)

    なにしろ海の向こうの米球界では、すでに「総額300億円」の値段も付いている大物だ。
    ケガを悪化させようものなら、それこそ非難囂々。右足首の状態が公表されている以上に深刻だとすればなおさらだ。

    ある球団関係者は「できれば、これ以上、ケガが悪化しないうちに、メジャーへ行って欲しい」と言っているらしいが、その気持ちは理解できる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000006-nkgendai-base
    日刊ゲンダイDIGITAL 2/22(水) 9:26配信


    【“300億円選手”大谷を抱える日ハムの本音は「早くメジャーへ」】の続きを読む

    このページのトップヘ