鷹ch@ソフトバンクホークスまとめ

主にソフトバンクホークスについてまとめています。そのほかに他球団や気になることもまとめています。

    スポンサーリンク

    野球ニュース



    (出典 www.ipu-japan.ac.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/10(月) 09:24:52.81 ID:7ktAOn6d0.net

    あっついなぁ…

    ひとりぼっち女子野球部員、単独出場の夢かなう 勧誘実り入部8人
    http://www.asahi.com/koshien/articles/ASK7100RMK6ZUOOB010.html

    軽井沢(長野)の野球部に入った1年生8人がグラウンドでノックを受ける。
    バットを振る監督の遠山竜太(28)の左手に白球を渡す女子マネジャーの小宮山佑茉(ゆま、3年)は、この日が来るのをずっと心待ちにしていた。

    たった1人の野球部員となった小宮山は、新入生勧誘の準備を始めた。
    今まで教員が作成していた勧誘用のチラシに載せる文面やレイアウトを、小宮山自身が工夫した。
    野球経験者に宛てた自筆の手紙では「今、選手はいません」と現状を伝えつつ、「3年間続けて良かった。きっとそう思える部活です」と訴えた。
    グラウンドの雪かきや土入れ、草むしり、道具の管理、部室や器具庫の掃除も続けた。

    思いは通じた。1年生8人が入部。1年生の助っ人1人も加わり、5年ぶりの単独出場が実現した。
    小宮山は「1人でグラウンドに土を運んでいて、『本当に部員が入ってくれるかな』と思ったこともあったけど、『絶対にやるぞ』と自分に言い聞かせていました。負けず嫌いなんです」と振り返る。
    「自分が入れた土の上で、選手たちが練習している姿を見るのがうれしいんです」
     
    今夏、長野大会のベンチで記録係を務める。敗退すれば、引退だ。
    1年生選手は口々に言う。「佑茉先輩には感謝している」「試合に勝って、佑茉先輩に恩返ししたい」


    【選手0人女子マネ1人の野球部、女子マネが1年生10人を勧誘し県大会出場】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/07/09(日) 18:43:39.99

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20170709/buf17070918230005-n1.html

     9日に大阪市西区の京セラドーム大阪で行われたプロ野球オリックス-ロッテの試合前に、観客席で広告の設置をしていた作業員が誤って鉄パイプ(長さ約2メートル、重さ約6キロ)を落下させ、グラウンドにいたオリックスの中島宏之選手(34)にバウンドして当たる事故があった。中島選手は病院で診察を受け、右腰から首にかけての打撲と診断された。試合にはベンチ入りしたが、出場はしなかった。

     広告はバックスクリーン下の5階席に設置される予定だったもので、中島選手は外野の中堅付近でストレッチをしていた。自力で歩いてベンチ裏に下がり、トレーナーに付き添われて病院に向かった。中島選手は試合後、「チームメートから『危ない』との声が聞こえた。(自分は)全く見えていなかったので、頭を隠した。今でも痛みは多少ある」と語った。 オリックスの玉川民平事業本部副本部長は、通常はグラウンド上に選手がいる場合は作業を行っていないとした上で「作業のすべてを見直し、善処していく。お騒がせして申し訳ない」と陳謝した。

    福良監督(試合前の事故で打撲を負った中島に)
    「本人はいけると言っていたが、2~3日は無理かなという感じ」


    (出典 Youtube)


    【【動画】オリックス・福良監督、鉄パイプ落下事故で打撲の中島は「2〜3日は無理かなという感じ」】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/09(日) 18:29:26.85

     7日の日本ハム戦では右膝に自打球を当て病院に直行し、一時は8日の出場も危ぶまれた。それでもこの日も、試合前のフリー打撃から快音を連発。ベンチ前で日本ハムの主催試合を中継する実況担当者を見つけ「『イッツ、ゴーーンヌッ!』って言ってくださいよ。
    昨日せっかく帰って映像見たのに、何すか『グッバイ』って」と普段通りの柳田節だ。
    巧みに英語を駆使する同実況担当者は、日本ハム側にアーチが飛び出した際の絶叫と、相手チームの本塁打用のフレーズを使い分けているが、「三冠王」のおねだりもあってか、この日の23号2ランは「イッツ、ゴーンヌッ」と実況した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00010000-nishispo-base


    【柳田悠岐さんイッツゴーンヌ信者だった】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 THE FURYφ ★@\(^o^)/ :2017/07/09(日) 10:56:06.46

    「伊藤英二は終わった」。ネットで自分の名前を検索すると、いつものように中傷の言葉が目に飛び込む。

    「だるいな」

    まだ中学生だった仙台城南の伊藤英二(3年)はただ、そう思った。悔しさを押し隠していた。

    「怪物右腕」「天才少年」。かつての伊藤のあだ名だ。中学1年の夏、エースとして出場したリトルリーグの
    全国大会初戦で、大会史上初の18人連続三振で完全試合を達成。チームはベスト4まで進んだ。

    すぐにメディアが騒ぎだし、全国ニュースで取り上げられた。準決勝には10台近くのテレビカメラがベンチまで
    入ってきた。この大会で優勝を果たす東京北砂リトルの清宮幸太郎(現・早稲田実)とともに、大きな注目を浴びた。

    「あれだけの球を投げる中学生は見たことがない。プロでもやっていけると思った」。伊藤がいた北六バッファローズの
    当時監督だった早坂和宏(55)は振り返る。

    中1ですでに130キロ超の直球を投げ、投攻走すべてで桁違いの力を見せた。身長163センチ、体重68キロ。
    恵まれた体格に、誰もがその後の活躍を疑わなかった。

    だがその体格が、後に伊藤が味わう挫折の一因になる。小学2年の頃には声変わりが始まり、身長がどんどん伸びた。
    中学生離れした体格は、小4の頃にはほぼできあがっていた。あまりの成長の早さに、周りから病院に行くことを勧められた。

    「思春期早発症」。そう診断された。通常よりも2~3年程度早く、思春期による体や心の変化が始まる症状だ。体は早く
    成長するが、その後は小柄なままで身長が止まってしまう可能性が高いと説明された。

    中学に入ってしばらくすると、同級生たちの体格が自分を追い抜いていった。いずれはそうなることを覚悟はしていた。
    だが……。「ショックを受けるのも無理はない」と早坂。

    「伊藤英二だ、すげー」「結果を出して当たり前だろ」「思ったより背は伸びなかったな」。そこに周囲からの期待や、中傷の
    言葉が追い打ちをかけた。

    中1の夏に、リトルからシニアチームに移ったが、1年ほどで辞めた。学校にも行かなくなり、家でゴロゴロしたり、友達と
    たむろしたり。重圧の中でやる野球に、楽しさを見いだせなかった。

    それでも野球から「逃げた」という罪悪感は消えなかった。友達と遊んでいても、頭には常に野球のことが浮かんでくる。
    何をやっても、心の底からは楽しめなかった。

    中3の秋。伊藤は早坂に電話をかけた。

    「高校で野球がしたいです」

    この頃も、練習はほとんどしていなかった。だが、早坂が紹介してくれた仙台城南の監督、角(かく)晃司(57)は「一緒に
    周りを見返そう」と声をかけてくれた。自分も同じ気持ちだった。城南で野球をすることを決意した。

    投手から外野手となり、ベスト4に進んだ昨秋の県大会では4番を任された。だが、リトル時代のように順風ではない。
    春の大会は打撃が不調で、先発での出場はなかった。

    それでも今は吹っ切れた。「体格で超されても、練習でカバーすればいい」。身長はリトル時代と変わらないが、
    ウェートトレーニングで体重は80キロまで増えた。信頼できる仲間もできて、純粋に野球が楽しい。

    「やっぱり自分には野球しかない」

    少し遠回りはしたけれど、大切なことに気づけた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000033-asahi-spo


    【思春期早発症で成長止まった球児、中傷乗り越え最後の夏。仙台城南の伊藤英二選手】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 あちゃこ ★@\(^o^)/ :2017/07/08(土) 14:06:26.67

     第99回全国高校野球選手権大会の東西東京大会開会式が8日、東京・神宮球場で行われ、
    春の東京大会を制した早実の主将、清宮幸太郎内野手(3年)が出場272校
    (東141校、西131校)を代表して選手宣誓を行った。

     清宮は「私たちは野球を愛してます」と切り出し、
    「野球の神様に愛されるように全力で戦うことをここに誓います」などと、「愛」の言葉を
    宣誓の中に盛り込んだ。

     清宮は開会式後の囲み会見で、報道陣から「愛してますという言葉を使ったのは」と
    問われると、「好きというよりかは(野球を)愛しているので…なんて言うんですかね、
    もっとやっぱりより思いが伝わるのかなと」と答えた。

     続けて、「ヒントはあったのか」という問いに対しては、「小林麻央さんが去り際に
    言っていた言葉は、すごい印象に残ったというのはあったので、
    そういうのはちょっとありました」と、歌舞伎俳優・市川海老蔵が6月23日の会見で、
    その前夜に34歳で逝去した妻のフリーアナウンサー、小林麻央さんが臨終の前に
    「愛してる」と発したと語ったことが、宣誓文作成にも影響を与えていたことを明かした。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000047-dal-base


    【【高校野球】清宮、選手宣誓で「私たちは野球を愛してます」小林麻央さんの「愛してる」がヒント】の続きを読む

    このページのトップヘ