鷹ch@ソフトバンクホークスまとめ

主にソフトバンクホークスについてまとめています。そのほかに他球団や気になることもまとめています。

    スポンサーリンク

    阪神タイガース



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 動物園φ ★@\(^o^)/ :2017/08/17(木) 16:24:43.84 ID:CAP_USER9.net

    復帰戦は7四死球で緊急降板 阪神・藤浪は投手生命の危機
    8/17(木) 12:00配信

    日刊ゲンダイDIGITAL

    4回、菊池に死球を与えた藤浪(C)共同通信社

     やはり“持病”は治っていなかった。

     制球難で二軍調整中だった阪神の藤浪晋太郎(23)が2カ月半ぶりに登板。1点ビハインドの二回1死、相手投手の大瀬良を打席に迎えるとカウント1―1からの3球目がすっぽ抜けて左肩を直撃。あわや顔面死球かという投球に広島ベンチは肝を冷やした。

     四回2死にも、すっぽ抜けたカットボールが菊池の左肩に直撃。両軍が本塁付近に集まり騒然となった。

     さらに五回2死二、三塁の場面でも、カウント3―2から石原に投じたカットボールが頭部付近を通過。5つ目となるこの四球を出したところでベンチに下げられた。ちなみに、7四死球は全て右打者に与えたものだった。

     藤浪の死球で思い出すのは4月4日。この日と同じ京セラドーム大阪でのヤクルト戦で、畠山に頭部死球。起き上がった畠山が怒りをあらわにすると、両軍がベンチから飛び出し大乱闘となった。

     この試合9四死球と大乱調だった藤浪は、5月26日のDeNA戦で六回途中6安打4四球3失点で3敗目を喫し、この時点で36四死球はリーグワースト。呆れた金本監督はプロ5年目にして初の二軍落ちを命じたのだが、7月2日のウエスタン中日戦の五回にも、石垣へ投じた144キロの直球が頭部を直撃。コントロールを修正するはずだった二軍で、プロ初の危険球退場となった。

    ■精神的なショックが原因か

     藤浪は1年目に10勝(6敗)を挙げ、15年まで3年連続2ケタ勝利を記録。14、15年の11死球はリーグワーストだったが、これほど「ぶつける投手」という印象はなかった。それが4月の畠山への顔面付近の死球から、右打者の内角を攻められず、今では変化球もすっぽ抜けて死球を与えるほど症状がひどくなった。本人は否定しているものの、精神的なショックなどが原因で自分の思い通りの動きができなくなる運動障害(イップス)の可能性が高い。

     金本監督が「彼の人生を左右する」とまで言ったこの日のマウンドでも2人にぶつけ、あわや危険球という投球の直後に降板。藤浪は「チームにも、死球を当ててしまった相手の選手にも申し訳ない投球でした」とコメントしたが、早くメンタルの専門家に相談しないと、「10年に1人の逸材」とまでいわれた右腕の投手生命は終わるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000017-nkgendai-base


    【阪神・藤浪イップスか 投手生命の危機】の続きを読む



    (出典 daily.c.yimg.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/07/04(火) 15:41:41.32

    阪神・藤浪がフォーム修正のミニキャンプ「感覚取り戻す」反復練習で汗

     阪神の藤浪晋太郎投手(23)が4日、鳴尾浜球場で投球フォームの修正に取り組む“ミニキャンプ”を開始した。
    2軍の遠征に帯同せず、残留組に加わっての練習。ポール間走やキャッチボール、ブルペンで傾斜を使って投げるなど、初日から精力的に汗を流した。

     「自分の感覚を取り戻すための反復練習をしていく」。キャッチボールでは投球間の距離を取って、リリースポイントを繰り返し確認。
    福原2軍育成コーチの助言を受けながら、反復してブルペンでも投球動作を修正した。投内連係やノックも受けた。

     5月26日のDeNA戦(甲子園)を最後に無期限2軍降格。プロ入り3度目の登録抹消で、故障が理由だった過去2回とは事情が違う。
    降格後は5試合に登板した。前回2日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)では、4回0/3を投げて7安打7失点。五回に頭部死球で危険球退場となった。

     降板後、藤浪は「メンタルどうこうより、フォーム的におかしくなったところを、自分で直せないことが第一」とし、
    「少年野球から今まで(ストライクを取るという)当たり前にできてきたことが、できなくなっている」と悩める胸中を吐露していた。

     これを受けて首脳陣の方針で、次回以降の登板予定を白紙に。約3週間、フォーム修正の時間を設けることになっていた。
    今後は鳴尾浜で調整を続けながら、今月21日からの同ソフトバンク3連戦(甲子園)で、再び登板させる方針が組まれている。
    藤浪は「(復帰は)1日でも早くとは考えていない。それよりも今はやることがあるので」と焦らず、徹底的に自分と向き合っていく覚悟を示した。


    【【犯行予告】阪神藤浪、次回登板は7月21日からのソフトバンク3連戦に決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ