鷹ch@ソフトバンクホークスまとめ

主にソフトバンクホークスについてまとめています。そのほかに他球団や気になることもまとめています。

    スポンサーリンク

    ニュース全般



    (出典 news.mynavi.jp)



    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (オッペケ Sr23-8KQW) :2017/02/10(金) 09:02:36.69

    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    デーブ大久保「100%僕が悪い」西武コーチ時代の暴力行為と自殺未遂語る
    スポーツ報知 2/10(金)

    野球解説者の大久保博元氏(50)が、9日深夜に放送したテレビ東京系バラエティー「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜・深夜0時12分)に出演。
    西武コーチ時代に起こした暴力行為で解雇された当時を振り返り、無意識に自殺を図っていたことを告白。暴力行為も「100%僕が悪い」と語った。

    大久保氏は2軍コーチを務めた10年に、当時ドラフト1位で入団した菊池雄星(25)に対して暴行を働いたとして、謹慎ののち解雇された。

    08年にも知人の女性を殴ってけがをさせた疑いで略式起訴されたこともあり、世間は大バッシング。
    「誰もが敵に見える。俺はこの世にいらないんだろうな」と思うようになったという。

     謹慎中のある日、近くの居酒屋で顔見知り相手に気を許して泥酔。
    「そこまでは明確に覚えているんですが、次の日起きたらもう1本酒を空けているんです。
    気がついたらカーテンレールに紐をくくった状態だった」レールが外れたため一命を取り留めたが、

    「俺、しのうと思ったんだ」と、追い詰められていたことを告白した。当時を支えてくれた後輩や飲み仲間の写真は、今でも携帯電話の中に大切に持っているという。

    「考え方が若かった」という当時の指導方針は、
    「自分が正しいと思って偏見を持って善悪を定めていた。『お前の言うことは悪い』と聞く耳を持たず、噂だけで雄星を責めた」と大久保氏。解雇の後、コーチの地位保全と報酬仮払いを求め裁判を起こしたが
    「俺の指導は正しかったと見せたかったが、やっているうちに、ケンカしている相手の方がみんな分かっていると気づいた。
    俺は何をやっているんだろうと思った」と話し、「これは最低の、俺のミス」と全面的に非を認めていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000056-sph-ent


    【【訃報】元プロ野球・デーブ大久保さん自殺未遂の過去を告白】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/02/10(金) 11:20:13.37

    民進・蓮舫代表、前原氏の野球合宿参加の意向 党内融和アピールか
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170210-00000442-fnn-pol


    【ワイ「『蓮舫さんが野球合宿参加』に見えたンゴ・・・きっと疲れてるンゴ・・・(ポチー」】の続きを読む



    (出典 www.jfa.jp)



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/02/06(月) 21:12:30.20

    福岡ソフトバンクホークスの内川聖一が、約4年半ぶりに古巣に復帰したMF清武弘嗣にエールを送った。
    セレッソ大阪は6日、宮崎キャンプ4日目の練習を実施。そこには、前日に入団会見を開いた清武の姿もあった。

    同じ大分県大分市出身の2人は以前から面識があったようで、内川がオフを利用してC大阪の練習場をサプライズで訪問。
    練習を終えた後の短い時間ではあったが、「頑張って。またゆっくり食事でも」と言葉を交わした。

    清武は入団会見で、「セレッソはタイトルを取らないといけないクラブだと思うので、
    何かタイトルを取れるように頑張りたい」とクラブに初タイトルをもたらす決意を表明。

    ヨーロッパでの経験をチームに還元するつもりだ。
    内川もまた、3月7日から開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック日本代表として活躍に期待がかかる。

    サッカーキング / 2017年2月6日 19時51分
    http://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_549938/

    写真

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【福岡ソフトバンクホークスの内川聖一、同郷の清武弘嗣と対面!オフを利用してサプライズ訪問】の続きを読む



    (出典 holafuki.com)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/02/06(月) 12:30:23.50

    先月下旬、高知県高野連が監督会総会を開き、指導者による「体罰根絶宣言」を採択した。全国の高野連で初の試み。
    部長やコーチを含む計56人の出席者から反対意見は出なかった。今なお、体罰問題は高校野球の現場に深く残る。
    PL学園時代に甲子園通算20勝を挙げたスポーツ報知評論家・桑田真澄氏(48)は「指導者の暴力」について持論をつづった。

    まずは「体罰根絶宣言」を採択した高知県高野連に、エールを送りたい。誰かがやらなければ、何も変わらない。
    新たな一歩を踏み出したことを応援したい。
    従来の野球界の見方では驚きもあるかもしれないが、社会全体の変化を踏まえると当然の流れだと思う。
    今回の宣言をきっかけにして、全国各地の高野連にも積極的に、体罰の撲滅へ取り組んでいただきたい。

    私がなぜ体罰否定派かといえば、スポーツマンだからだ。スポーツは暴力と最も遠い存在でなくてはならない。
    本来なら指導者は、それを子どもたちに教えていく立場にある。
    昔は「愛のムチ」と呼ばれていたが、現在では「犯罪」とみなされる。
    スポーツマンシップは選手にだけ求められるものではない。スポーツに関わる人、全員に求められるものだ。

    野球で成功した人は、「体罰を受けたからこそ、成長できて、今の自分がある」と思う傾向が強い。
    体罰批判は、自分の野球人生を否定することになるからだ。「嫌だった」と言いながらも「必要だった」と答える人が多い。
    だが、僕の経験上、体罰は技術の向上に結びつかない。失敗を恐れ、選手の主体性を奪うだけだ。

    指示され、怒鳴られ、殴られた高校球児が将来、どんな人生を送るか。自主的に考え、行動する習慣を身につけるのは難しいだろう。
    それは野球人のセカンドキャリアの難しさにもつながっている。指導者の皆さんには、グラウンドの外でも自分で考え、行動できる選手を育ててほしい。
    そのためにも、言葉で伝える、真の指導力をつけてほしいと願う。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000301-sph-base
    スポーツ報知 2/6(月) 12:04配信


    (出典 Youtube)

    G 読売ジャイアンツ[巨人] 18 桑田 真澄 応援歌



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【【野球】桑田真澄氏、高校野球の体罰問題に提言「昔は『愛のムチ』、現在は『犯罪』」】の続きを読む



    【【悲報】大谷翔平、ガチでヤバイやつに絡まれてしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ