鷹ch@ソフトバンクホークスまとめ

主にソフトバンクホークスについてまとめています。そのほかに他球団や気になることもまとめています。

    スポンサーリンク

    読売ジャイアンツ



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 風吹けば名無し :2017/10/10(火) 12:32:52.64 ID:8+g46MjC01010.net

    ここ10年くらいずっとハズレひいてないか?


    【野球観始めて巨人の助っ人野手が成功してるのみたことがない】の続きを読む



    1 サインコサイン ★@\(^o^)/ :2017/02/19(日) 15:28:02.75

    巨人がWBC韓国代表を4-0で破る/練習試合詳細
    [2017年2月19日15時19分]

     巨人がWBCに出場する韓国代表と練習試合。6投手のリレーで韓国打線を抑え4-0で勝った。

    チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
    韓国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
    巨人 0 0 0 1 0 2 0 1 0 4

    【巨】マイコラス(2回無失点)吉川光(3回無失点)カミネロ(1回無失点)乾(1回無失点)戸根(1回無失点)田原誠(1回無失点)

    http://www.nikkansports.com/baseball/news/1781099.html


    (出典 pbs.twimg.com)


    【巨人がWBC韓国代表に4−0で勝利www】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/02/07(火) 19:01:46.09

    巨人の新外国人、アルキメデス・カミネロ投手(29)=マリナーズ=が宮崎キャンプ第2クール最終日の7日、シート打撃に初登板した。
    天から移籍の柿沢と、2年目の重信を相手に、安打性の当たりは0本。
    19球がボールだったが、バットを2本折るなど、重い球質をうかがわせた。

    登板を終えた最速164キロ右腕は「打者相手に投げるのは久しぶりだった。
    全てストライクを取ることは意識していなかった。マウンドの状態を確かめるというのがテーマだった」と涼しい表情で振り返った。

    ◆アルキメデス・カミネロ 1987年6月16日、ドミニカ共和国生まれ。29歳。
    15歳で野球を始め、17歳になる直前にマーリンズと契約。
    メジャー昇格はプロ9年目の13年。昨季はパイレーツとマリナーズで主に中継ぎとして計57登板。
    メジャー通算149登板、7勝5敗1セーブ、防御率3・83。最速164キロ。
    右投右打。193センチ、111キロ。年俸は約1億4000万円。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000143-sph-base
    スポーツ報知 2/7(火) 18:44配信


    (出典 daily.c.yimg.jp)


    【【野球】最速164キロ右腕 巨人 新助っ人カミネロがフリー初登板でバット2本粉砕】の続きを読む



    (出典 cache2.nipc.jp)



    1 名無しさん@おーぷん :2017/02/07(火)08:33:14

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000086-spnannex-base
    声が出ない。覇気がない。ああ、寂しいなあ。沖縄でヤクルト、DeNA、中日を見て、宮崎の初っぱなは巨人。
    今キャンプ取材4球団目にして我が古巣が一番元気ないんだ。OBとして残念でならないよ。

    キャンプではファンとの距離感が大事なんだ。厳しい練習でへとへとになったとき、スタンドの歓声や拍手が疲れた体を癒やしてくれる。
    ファンと一体の空気がつくれたら、もうひと踏ん張りできるんだ。

    今の巨人、ウオーミングアップのときメイン球場のグラウンドにファンを入れている。選手を至近距離で見られるようにという企画。いいアイデアだと思う。
    でも、選手は近くで見られて恥ずかしがっているのか、声が全く出ていない。カラ元気でもいいから声を出さなきゃ。

    現役時代を思い出す。ランダウンプレーの練習でベテランの柴田勲さんに本気でタッチして「アウトーッ」とオーバーアクションする。
    すると柴田さんが「いてえな、この野郎!」と返してスタンドがドッと沸く。本気のプレー。ファンが集中して見てくれるから、選手も手を抜けない。実戦さながらの緊張感ある練習ができるんだ。

    ミスをすれば選手同士で「何やってんだ。この下手くそ!」。容赦ない言葉を掛け合う。そんな空気の中で練習するからこそ、実戦でちゃんとしたプレーができる。
    今の巨人は残念ながら練習のための練習。ミスしても流してやり直しさせない。これじゃあ本番で…。心配だなあ。


    【中畑前DeNA監督、覇気の無い巨人キャンプに嘆き悲しむ】の続きを読む



    (出典 mw.nikkei.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2017/02/07(火)10:02:04

    巨人の若手野手は酷い
    まともに打撃投手の球を捉えられないしスイングが弱い
    こんな奴らがどうやって1軍で活躍するんや...


    【ワイが巨人のキャンプ見てて思った事】の続きを読む

    このページのトップヘ