鷹ch@ソフトバンクホークスまとめ

主にソフトバンクホークスについてまとめています。そのほかに他球団や気になることもまとめています。

    スポンサーリンク

    田中将大



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/07/24(月) 00:51:32.82

    ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は22日(日本時間23日)に敵地で行われたシアトル・マリナーズ戦に先発登板したが、
    2本塁打を浴びるなどして6回4失点と試合を作れず、チームも延長10回に救援陣が力尽きサヨナラ負けを喫した。

    田中は2回まで無失点と課題の立ち上がりはクリアしたものの、3回に突如調子を乱し、ソロ本塁打を2発浴びるなど集中打を受け4失点。
    4回以降は3回二死から10者連続アウトを奪うなど持ち直したが、結局6回4失点で降板となり、先発の役目を果たすことができず後半戦初勝利もお預けとなった。

    後半戦開幕から2戦連続でチームを勝利に導けなかった田中に対し、地元紙「ニューヨーク・ポスト」は
    「田中の先発登板には毎度”イライラ”させられる」というタイトルで特集を組み、厳しい評価を下している。

    記事では、3回に集中打を浴びて相手に試合の主導権を握らせてしまった今回登板の内容や、
    今季20試合に登板し、少なくとも2本塁打以上を浴びた試合が8試合となっている事実を紹介。

    そして、メジャーワーストの26被弾で防御率5.37と不安定な成績を残していることを引き合いに
    「今季は若手のルイス・セベリーノがヤンキースの”真の”エースで、田中はもはや3番手クラスだ。
    そして、実際に投げてみると5番手クラスの投球で、先発すると試合のどこかに亀裂が入ってしまう」と酷評。

    また「年棒通りの働きをできていないエースの投球が野手の活躍を無駄にしている、
    マウンド上でもう少し闘志を見せてチームを勝利に導く投球をすることが望ましい」などと言われたい放題だ。

    ヤンキースのジョー・ジラルディ監督も「あのイニングを乗り越えられなかったことは非常に残念だ。2本のソロ本塁打を浴びたまではよかったが、
    その後ツーアウトから2点を失ったことについては苛立ちを隠せなかった」と話している。

    ベテラン左腕のC.Cサバシア投手が故障から復帰した代わりに、マイケル・ピネダ投手が今季絶望と苦しい先発事情のヤンキース。

    不安定な投球を続けている田中は、苦しいチーム状況もあり再び地元で厳しい評価を下されているが
    、今後の試合では地元ファンを喜ばせる投球を見せることはできるだろうか。

    7/23(日) 18:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170723-00010007-baseballc-base

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【ヤンキースの田中将大投手、地元・ニューヨークで再び酷評…「田中の先発登板には毎度”イライラ”させられる」】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/06/22(木) 08:14:17.63

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000001-wordleafs-base&p=2
    今季の被弾ワーストトップとなっているヤンキースの田中将大が
    「ボールが飛ぶ気がする」と地元メディアに語ったことが話題になった。

    だが、メジャーリーグ機構は、この指摘を全面否定した。
    ニューヨークポスト紙が、これらの報道を受けて、機構側の反応を記事にしたもので
    次のような声明を発表したそうだ。
    「ボールの質を一定にすることの成果として、我々は、コンサルタントである
    マサチューセッツ州立大ローウェル校で、ボールが特別な仕様に達しているかについて
    シーズン中とオフシーズンも定期的にテストを行い確認している。
    また、我々は、第三者機関にボールが最近の打撃に何らかの影響を与えているかどうかの検査も依頼している。
    しかし、ボールが打撃に影響を与えているという証拠は得られなかった」

    ニューヨークポスト紙は、「ボールが変わったとしても、そのことだけが
    本塁打数が増えていることの要因とは言えないだろう」としている。
    「例えば、打者はもっとアッパーカットスイングをしているのかもしれないし
    ボールを上げるために三振のリスクをとってもかまわないと考え方を変えたのかもしれない」と述べている。


    【田中将大「今年は飛ぶボール」MLB「ボールの影響はないぞ」】の続きを読む



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/06/08(木) 12:49:28.30

    【ニューヨーク7日(日本時間8日)発】ヤンキースの田中将大投手(28)は前日のレッドソックス戦に先発し、5回を投げ3本塁打を含む5安打5失点で6敗目(5勝)を喫した。

    これで5連敗となりプロ入り後の自己ワーストを更新した。初回に連打から内野ゴロの間に1点を先制されると4回に2発浴び、5回もソロ弾を打たれた。甘くなったスライダー、スプリット、カットボールを痛打された。一夜明けたニューヨークの地元紙はいずれもバックページで落胆する田中の写真を掲載し、厳しい論調で報じた。

     ニューズ・デーは「NO MAS!(もう結構!)」とスペイン語で見出しを立ててバッサリ。「ヤンキースは“エース”田中を休ませる必要がある」と主張した。ニューヨーク・タイムズは見出しで「ヒロはゼロ」と駄目出し。「かつてのナンバーワン先発投手が、ナンバーワンの危惧になっている」と田中をチームの不安材料に挙げた。

     また、ニューズ・デーも「深みに落ちる」と深刻さを形容。「田中のスライダーが曲がらず、スプリットが落ちない理由は本人も監督も投手コーチもGMも特定できない」と皮肉った。

     電子メディアも米スポーツ専門局ESPNが「田中を先発ローテーションから外す必要がある」、NJ.comも「田中の次回登板を飛ばすべき」と辛辣だ。

     田中の今後が気になるところだが、ジラルディ監督は「ローテーションは変えない。日曜日に先発する」と、11日(同12日)の本拠地オリオールズ戦先発を明言した。右腕はこの日、早めに球場入りすると首脳陣と話し合った。ロスチャイルド投手コーチによれば、「リリースポイントを安定させる必要がある」という点を確認したという。前日62球しか投げていないことから、登板翌日には珍しく、キャッチボールを5分ほど行った。

     オリオールズ戦は今季2試合で1敗、防御率8・44。難敵を圧倒できるか。

    2017年6月8日 11時30分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13173884/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【<ヤンキース田中最悪状態>自己ワースト5連敗!地元紙「NO MAS!(もう結構!)」】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/05/10(水) 00:48:39.27

    MLB 通算4年 44勝17敗 勝率.721
    NPB 通算7年 99勝35敗 勝率.739

    どうなのですか?


    【田中将大(28) 7試合 43.1回 5勝1敗(1位) 防4.36 32奪三振 WHIP1.32】の続きを読む



    (出典 www.asahi.com)



    1 プエルトリコ ★@\(^o^)/ :2017/04/11(火) 12:46:16.22

    ■メジャー情報 8日(日本時間9日)

     8日(日本時間9日)のオリオールズ戦で2度目の先発をしたヤンキースの田中将大投手(28)には、ニューヨークのメディアから酷評が相次いだ。

     5回を6安打3失点、5奪三振。チームは4-5で逆転負けしたが、速球は97マイル(156キロ)を記録。降板したときは勝ち投手の権利もあったのだから、ポジティブな見方もできそうだが、そうはならなかった。自己ワーストの6四死球で、主砲のサンチェス捕手まで右腕を痛めた。

     ニューヨーク・ポスト紙は「ヤンキースはすでに危機にひんしている。田中は開幕戦よりマシだったが、グッドなどという表現からはほど遠かった。先発陣は頼りなく、主砲までいなくなった。開幕数試合でペナントレースから脱落する道をまっしぐらだ」

     ニュースデー紙は「田中は過去に見たことのないような内容。ミステリーのように制球力がない。われわれの知っている田中ではない」

     田中はこの辛辣な批評に耐えられるだろうか。

    http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20170411/bbl1704110730008-n1.htm


    【ヤンキース・田中、米紙にも打ちのめされる「ミステリーのように制球力がない」】の続きを読む

    このページのトップヘ